住宅改修Service

住宅改修とは?

住宅改修基礎知識

介護保険制度では住宅改修費支給制度があります。
要介護又は要支援1・2の認定を受けた方で、在宅で生活している場合に、然るべき手続きを行い、下記の6種類の改修を行った場合に支給限度基準額を20万円として、住宅改修に要した費用の9割もしくは8割が支給されます。
(利用者の負担は、改修費用の1割もしくは2割となります。)

人間は年をとるに従い身体機能の低下等により、屋内での転倒、転落などの事故が増えることが顕著に現れています。日々の生活の基盤である住まいは、安全で快適な場所であることが望まれます。万が一の事故を未然に防ぐためにも、早めの介護リフォームをお奨めします。

  • 手すりの取り付け

    廊下、便所、浴室、玄関等に転倒予防もしくは移動または移乗動作に資することを目的として設置するものです。
    手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等適切なものとします。
    なお、福祉用具貸与に掲げる「手すり」に該当するものは除きます。

  • 段差の解消

    居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されます。 ただし、福祉用具貸与に掲げる「スロープ」または福祉用具購入に掲げる「浴室内すのこ」を置くことによる床段差の解消は除かれます。また、昇降機、リフト、段差解消機等、動力により床段差を解消する機器を設置する工事および玄関以外の屋外の工事は除かれます。

  • 滑りの防止、移動の円滑などのための床材の変更

    居室においては畳敷きから床製床材やビニール系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更等が想定されます。

  • 洋式便器などへの便器の取替え

    和式便器を洋式便器に取替える場合が一般的ですが、福祉用具購入に掲げる「腰掛便座」の設置は除かれます。また、和式便器から、暖房便座、洗浄機能が付加されている洋式便器への取替えは含まれますが、すでに洋式便器である場合、これらの機能等への付加は含まれません。さらに、非水洗和式便器から水洗式洋式便器または簡易水洗洋式便器に取替える場合は、水洗化または簡易水洗化の部分は含まれず、その費用相当額は、保険給付の対象外となります。

住宅改修のメリットは、

1
転倒、転落などの事故を未然に防ぐ
2
自立度が上がり、元気に生活が出来る
3
介護者の心身の負担を軽減し、心にゆとりが生まれる
等々、身体的・心理的にも効果が得られます。

住宅改修の手順

step1

ご相談

住まいに関することはどんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

●お電話でのお問い合わせは072-994-9311

●メールでのお問い合わせ▶ お問い合わせフォーム

step2

現場調査のための訪問

お住まいの現状を拝見し、安全に配慮すべきポイントをご説明いたします。
(お打ち合わせシートを使用します。)

step3

ご要望をお伺いします

ご要望に基づき、改修について具体的に打ち合わせや提案をさせていただきます。

step4

お見積り・ご説明

見積書・図面をお渡しして、使用する部材の仕様や色等分かりやすくご説明いたします。

step5

お申し込み

工事内容、工期などご納得いただいた上で、ご契約となります。

step6

設置事例はこちら

施設・病院

case

浴そうの縁が高く出入りが不安定!

サービス内容
  • ・相談/見守りサービス
  • ・緊急通報サービス
  • ・食事の提供/介護サポート
現状
  • ・浴そうの中までの動線が長い。
  • ・手すりはあるが浴そうの縁が高く出入りが不安定。
  • ・浴そうの中で握れるものがほしい。
ご利用者様のご要望
浴そうへは跨ぐよりも、階段式で入る方が自然。楽に入りたい。
現状の問題点
  • 浴そうの縁が高い。
  • 縁をまたぐ際、体勢を崩すことがある。
  • つかまるものがない為、座位保持が難しい。
  • 浴そうで掴まるところがほしい。

ご利用者様の声
  • 浴そうの中までの段差が小さくなったので、安心して出入りが出来るようになった。
  • 浴そうで座った状態でも握れる手すり付のいすがあるので安心してお湯に浸かれます。
問題解決のポイント
  • 浴そうに入るまでの踏み台の高さを低くした。
  • 両手でしっかり手すりを握れるように手すり付ステップ台を設置した。
  • 入浴の際、安心してお湯に浸かれるよう浴そう内ベンチを設置した。

ビフォー/Before

  • ビフォー/Before
  • ビフォー/Before
  • ビフォー/Before

アフター/After

  • 浴そう用手すりオーダー
    浴そう用手すりオーダー
  • 手すり付ステップ台オーダー
    手すり付ステップ台オーダー
  • 手すり付ステップ台オーダー
    手すり付ステップ台オーダー

施設・病院

case

トイレの座面が高すぎる!

サービス内容
  • ・食事/医療/介護
    リハビリ/レクリエーション
現状
  • ・トイレの座面が高い。
  • ・ふんばることができない。
  • ・座位が安定しない。
ご利用者様の要望
前受テーブルと合わせ足置き台も付けて欲しい。
現状の問題点
  • トイレの座面が高すぎる。
  • 小柄な人には木製の踏み台を置いている。

ご利用者様の声
座位が取りにくい方や便が出にくい方に大変喜ばれています。
問題解決のポイント
  • 前受けテーブルを設置座位が安定し、楽にいきみやすくなった。
  • 足元には足置き台を設置し、小柄な方にも対応できるようにしました。

ビフォー/Before

  • 座面が高く座位が不安定となる
    座面が高く座位が不安定となる
  • 小柄な人には木製の踏み台を置いていた
    小柄な人には木製の
    踏み台を置いていた

アフター/After

  • 前受けテーブルを設置
    前受けテーブルを設置
  • 前受けテーブルを設置真横から
    前受けテーブルを設置
    真横から
  • 踏み台がセットになった前受けテーブル
    踏み台がセットになった
    前受けテーブル

施設・病院

case

特殊浴そうを安全に再活用したい!

サービス内容
  • ・有料老人ホーム
現状
  • ・本来の目的で使用しなくなった特殊浴そうを利用しているが職員の介護負担が大きい。
ご利用者様の要望
  • 座位入浴で入浴する。
  • 安全に安心して入浴動作が行えるようにしたい。
  • 介護職員の介助負担の軽減。(抱え上げ/腰痛予防)
現状の問題点
  • 特殊浴そうを何とか安全に再活用したい。
  • 浴そうの縁が高く(約60cm)またぎ動作が困難。
  • 浴そうの中が深くて掴まる所がない。
  • 介助者が抱き上げ動作で腰痛となる。

ご利用者様の声
規格サイズの福祉用具の組合せでは、安心・安全な入浴方法が難しかったが、オーダーでの組合せにより安心・安全 且つ介護負担の軽減にもつながり、とても満足しています。
問題解決のポイント
  • 洗い場に、すのこ兼ステップ台を敷いてかさ上げし浴そう縁までの高さを40cmに設定した。
  • 浴そう内で掴まれるよう肘掛け背もたれタイプの浴そう内いすを設置した。
  • L型シャワーいすは、ターンテーブル付を設置し介助者が利用者の身体の向きを楽に変えられるようにした。

施設・病院

case

浴そうへの移乗介助を軽減したい!

サービス内容
  • ・食事、入浴、庭での健康散歩
  • ・マッサージ
  • ・足湯、陶芸
現状
  • ・入浴介助を行っているが介助負担が重い。
ご利用者様の要望
  • 入浴する際、介助負担が軽減できるよう、手すりやターンテーブル等で補助ができるものが欲しい。
現状の問題点
  • 洗い場から浴そうまで多少離れ段差がある。
  • 人によっては入浴することが困難。
  • 介助者の介助の負担が大きい。

ご利用者様の声
  • 以前は入浴が大変だったが今では介助者の負担が軽減された。
  • 工事で、浴室を傷つけずに済んだ。
問題解決のポイント
  • 工事することなく
  • 手すり、ターンテーブル付きの移乗台を設置し
  • 入浴が困難だった方の介助負担を軽減できた。

ビフォー/Before

  • ビフォー/Before
  • ビフォー/Before

アフター/After

  • アフター/After
  • アフター/After

工事施工

安心施行で工事を進めます。
※アフターサービスにも責任を持った対応をお約束します。

お支払いについて

「償還払い」

介護保険での住宅改修費は、改修工事を行った利用者が、いったん費用の全額(10割分)を施工業者に支払い、
その後、保険者に申請して自己負担分(1割もしくは2割分)を除く保険給付分(9割もしくは8割分)の支給を受ける。
住宅改修は、原則として「償還払い」としています。

「受領委任払い」

「償還払い制度」だと、一時的にまとまった費用が必要となり、資金面の問題で住宅改修を行うことが困難になる恐れがあります。そこで、利用者の一時的な負担を軽減し、住宅改修をより利用しやすくするために、「受領委任払い」制度があります。「受領委任払い」は、利用者が、改修工事で掛かった費用の自己負担分(1割もしくは2割分)のみを施工業者に支払い、保険給付される(9割もしくは8割分)は、保険者から利用者が受領に関する委任を受けた施工業者に直接支払う制度です。この制度を使うことにより利用者の一時的な費用負担を回避する方法です。

見積書・図面をお渡しして、使用する部材の仕様や色等分かりやすくご説明いたします。
「償還払い制度」だと、一時的にまとまった費用が必要となり、資金面の問題で住宅改修を行うことが困難になる恐れがあります。そこで、利用者の一時的な負担を軽減し、住宅改修をより利用しやすくするために、「受領委任払い」制度があります。
「受領委任払い」は、利用者が、改修工事で掛かった費用の自己負担分(1割分)のみを施工事業者に支払い、保険給付される(9割分)は、保険者から利用者が受領に関する委任を受けた施工業者に直接支払う制度です。この制度を使うことにより利用者の一時的な費用負担を回避する方法です。

株式会社エブリーでは「受領委任払い」を基本としています。
これら一連の手続きを、お忙しいケアマネージャー様の手を煩わせることなく、代行致します。

住宅改修のご相談はこちらから!

メールで問い合わせる

電話でのお問い合わせ・お申込みは営業部(福祉用具担当)072-992-2422 ※受付時間 平日9:00~18:00