お知らせNews

お知らせ

2018年9月26日
平成30年度制度改正における「身体的拘束適正化に向けた取り組み」について
平成30年度介護保険制度改正では、居住系サービス
(特定施設入居者生活介護・認知症対応型共同生活介護)に対し、 「身体拘束廃止未実施減算」が導入されることとなりました。 また、住宅型有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅についても、 減算の仕組みはありませんが、同様の取り組みを行う義務が規定されました。
弊社では、下記のとおり「身体的拘束適正化に向けた取り組み」を行います。                   記 1. 「身体的拘束適正化検討委員会」3ヶ月に1度、開催


2. 身体的拘束等の適正化のための指針を整備する


3. 身体的拘束等の適正化(虐待防止)のための事業所内外研修を定期的に実施


4. 新規採用時には、上記3の開催時期にとらわれず、必ず新人研修として身体的拘束等の  適正化のための研修を実施